「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 24日

鬼ノ城 [終]

木々が被い繁った林の中を歩いていくと、城壁跡の中央付近に
礎石建物群が点在しています。

鬼ノ城は一周約2.8キロなので、普通に見て回るのであれば
2時間位で十分足りると思いますが、日没には注意して入山しないと
崖沿いに柵もなければ遊歩道に外灯も無いので、暗くなると危険です。

特に礎石建物群に向かって行く道は、人がいなかったこともあり
薄暗く昼間でもチョッと怖かったです。

e0214496_10543354.jpg
e0214496_10544766.jpg

直径30~50cm位の石が整然と並べられてあります。
この上には高床式の倉庫みたいな建物があったのでは?
と想像されているみたいです。

最後に北門へ向かいます。

e0214496_1103148.jpg
e0214496_1104515.jpg

他の門と違い、北門の向こう側には山がそびえています。

ここも最初に来たときは、この辺りが北門?・・・みたいな感じだったのですが
現在は、きれいに発掘され整備されてます。

e0214496_11115092.jpg
e0214496_1112415.jpg

西門へ戻って来ました!

遠くに光って見えるのは瀬戸内海です。
太古の昔にもここに立ち、この景色を眺めてた人がいたんですね。
どんな人が何を思い、何を考えていたんでしょうか?
興味は尽きません。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-24 12:08 | | Comments(0)
2011年 01月 20日

鬼ノ城 [参]

鬼ノ城は、点在する遺跡を繋ぐ遊歩道が鬼城山の8~9合目をグルリと1周しており
その距離約2.8キロです。
礎石建物群がその中央付近にあり、そこに繋がる通路が何本かあります。

今回は西門から反時計回りに“屏風折れの石垣”まで行って少し引き返し
南北へ抜ける通路を通り、礎石群から北門へと行き西門へ帰りました。
進行順に遺跡を紹介していきたいと思います。

e0214496_195471.jpg

6ヵ所ある排水機能を持つ水門の内の一つ。
色々と撮ってみたのですが、どーしても水門に見えないので
説明版と一緒に撮ってしまいました・・・

e0214496_1981649.jpg

東西南北と四つある門の一つ南門です。
私が鬼ノ城に初めて来た時の西門はこんな感じで、礎石と敷石が発掘された状態でした。

e0214496_1992381.jpg

通路がキレイに整備されてるのは西門までで、後は山道をひたすら歩く事になります。
崖沿いの道を歩くコトも・・・

途中で子供連れの家族とすれ違い、その子供が嬉しくて走り回っているのを見て
ハラハラ・ドキドキしてしまいました。
だって落ちたら “チーン…” 間違いないですからね~(怖)

e0214496_19104490.jpg

2ヵ所ある突出部の内の一つ
写真の左側にもう一つの突出部、屏風折れの石垣が見えます。

この場所の山側に、お釈迦様が彫られた巨大な石があります。
近くのある岩屋寺と並び山岳信仰のあった場所らしいので、その名残りだと思うんですが
どこにも説明がなく詳しい事は解りません。
なぜか軽々しく撮ってはいけないような気がして、1枚も写真は撮りませんでした。
もし行く機会があれば、そのときの楽しみに取っておいて下さい。

e0214496_19114441.jpg

東門の一部です。
分かり難いかも知れませんが、硬い石に扉の軸を入れる穴(板壁ヨコの四角い穴です)
が精巧に掘られています。

門の外側は崖になっていますが、当時はどんな風景が広がっていたのでしょうか?

e0214496_191339.jpg
e0214496_19132170.jpg

いよいよ屏風折れの石垣です。

鬼ノ城の一部ですが、景勝地としても有名です。
眼下に鬼ノ城GCが見えます。
私はゴルフはしないんで詳しくないのですが、こちらの方が有名なのかな?

e0214496_19143060.jpg

e0214496_19153092.jpg

屏風折れの石垣の近くに石碑が建っています。

裏を見ると“昭和12年・・・・・” ん!?
手元の資料には昭和46年の発見とあるので、それまではこの石垣が城の一部だとは
思いもしなかったんでしょうね。


次は山の中、建物礎石群を目指します。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-20 20:00 | | Comments(0)
2011年 01月 19日

鬼ノ城 [弐]

西門のすぐ近くに角楼と呼ぶ、城壁から凸字型に張り出した建物も復元されています。

e0214496_22144175.jpg

城に近づきやすい尾根沿いに、防御用に建てられていたそうです。
建物の上にあがれるようになっていて、展望台みたいに総社平野が見渡せます。

e0214496_22225038.jpg
e0214496_22233256.jpg

3枚目は鬼城山の、山頂付近からの写真。
本当に山の頂上付近に建てられていたんですね。

e0214496_2228399.jpg
e0214496_22285220.jpg

版築土塁(型枠の中に土を入れて、一層ごと突き固める工法:版築工法)で復元された城壁
西門も城壁も、出来るだけ当時の技法や工法を用いて復元されています。

この城壁は、大雨で復元後に一度崩れた事があります。
格好だけでよいのなら、コンクリートで造れば安く安全に補修の手間も掛からないと思います。
ですが、手間暇かけて造られたこの城壁は僅かな年数しか経っていないのに風格があります。
外観だけ似せたのでは伝えきれない歴史を、この城壁からは感じます。

e0214496_2345697.jpg
e0214496_235817.jpg

土で出来た城壁の外側と内側には、壁面に水が掛からないよう
敷石が緩い傾斜をつけ並べられています。

もし、このような構図で撮りたいと思ったなら
周りの人への配慮は欠かせません! アブない人と思われない為にも・・・
当然私も構図を考えるフリをしてやり過ごし、そそくさと通路でもある敷石の上に
寝っ転がって撮りました・・・
その間、「雲よ…逃げないでくれ~」って考えてました!


この敷石の上を先に進み、鬼ノ城のさらにコアな部分に突入して行きます・・・
e0214496_01140100.jpg



~追記~
気付いた方もいるかも知れませんが
現在、西門横の城壁を修繕?工事しています。
進入禁止の衝立や工事資材、それを覆うブルーシートなどがあり出来るだけ
それらが気にならない構図で撮るのに苦心しました。

岡山城の時もイベント会場や廊下門の前に止まっていた搬出用のトラックを避けて
撮ったのですが、両方とも制限されてた割にはいい感じで撮れたなと思っています。

それどころか制限されていたからこそ、見つける事が出来たんだと思っています。

スタジオ撮影でもなければ、自分の都合のいい状態(自然現象を含めて)で撮影出来ることなんか
めったにないと思います。
邪魔なものがあっても、それを飲み込み工夫し考える事で新しい発見が出来るんだな
と思ったりしました。
邪魔だな~と思い続けていたら見つけられなかったでしょう。

サーキットでの撮影もこんな気持ちで臨めば、新しい発見が出来るかなと思っています。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-19 01:26 | | Comments(0)
2011年 01月 16日

鬼ノ城 [壱]

e0214496_18405369.jpg


お城シリーズ第2弾は、お待ちかねの鬼ノ城です!!
って、鬼ノ城の全国的な知名度ってどのくらいなんだろう?

岡山県総社市にある古代山城。
昭和46年に発見された文献に載っていない山城(神籠石系山城と呼ぶそうです)で日本で
もっとも古い城の可能性もあるそうです。

e0214496_1912384.jpg
e0214496_1915336.jpg
e0214496_192448.jpg

鬼城山(標高約400m)の八~九合目を取り囲むように築かれていたそうです。
現在も発掘調査や復元工事が行われており、城跡と言うより遺跡と言ったほうがしっくりきます。

駐車場から続く急斜面の通路の脇にある、つづら折れの遊歩道から学習広場(写真4枚目)に入れます。
ここから復元された西門と総社平野が見渡せます。

e0214496_1923146.jpg
e0214496_19232340.jpg
e0214496_19241410.jpg

復元された西門、ここまでは整備された通路が通っています。
文献など残っていないので、発掘された遺跡とおおよその時代背景(特に朝鮮半島)から想像して
復元されたもので、何パターンかの案をビジターセンターの模型で見る事ができます。

これを見ると当時の事より、子供のようにイキイキしながらどんな建物が建っていたのか想像している
研究者のコトを思い浮かべてしまいます。
すごく楽しかったんだろうな~

e0214496_19442875.jpg
e0214496_19445075.jpg
e0214496_19452750.jpg

上の建物は復元ですが、下の礎石は発掘された当時の物です。

見下ろした世界は変わってしまえども、見上げればそこには昔と変わらない大空が広がっている・・・

な~んて、チョッと詩人しちゃいました!
サラッと終わらそうかと思ったのですが、なにせ4時間も山の中を歩き回ったので
これだけじゃー終われません!
興味のある方、もう少しお付き合い下さい。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-16 20:02 | | Comments(0)
2011年 01月 12日

ライト

昨日、チョッといいものを見た。

日が落ちかけた夕暮れ前にクルマを運転していたら、自転車で下校中の中学生とすれ違った。

友達同士なのか4~5人のグループが4組ほど、20人位とすれ違ったのですが
全員ライトを点灯して自転車を乗っていたのです!!

今に始まった事では無いと思いますが、自転車の無灯火が目立つ昨今で
学校の指導か生徒が自主的にかは分かりませんが、夕暮れ前から全員ライトを点けて
帰るその姿にチョッと感動したのです。

かく言う私もクルマに乗り出して気付いたのですが、闇夜での無灯火の自転車は本当に見えません!
自転車の方はドライバーを信用しているのかもしれませんが、大変危険です。
夜に無灯火で黒っぽい服を着て、右側を走るなんてのは自殺行為以外の何物でも無いと
思ってしまいます。

対してクルマの方を見ても、なかなかライトを点けない人がたくさんいます。

自動車や自転車のライトの役割は、と聞くと大半の方は
“暗くなった視界を照らし、視界を確保するもの”と答えるでしょう。

それは正解でライトの一番の役割だと思いますが、その答えの前に私は
“自分の存在を相手に知らせるもの”と言う答えを持つようにしています。

自分の存在を相手に知らせる、と言う気持ちがあれば早めのライトオンに繋がるのではないかな
と思っているのですが、どうでしょうか?

日が傾きかけた頃に、もうライトを点けて走っているクルマがいたら
それ私かもしれません。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-12 14:18 | 時事私想 | Comments(2)
2011年 01月 11日

その時、あなたの大切な人は・・・

今日、パソコンのメールを開いてビックリ!
まだ1月も始まったばかりなのに、鈴鹿サーキットよりF1のチケット販売の案内が
来たからである。

モータースポーツを撮る者としては、F1は是非行って見たいレースの一つなんですが
全席指定のF1で撮影するには、カメラマンシートと言う専用のチケットの購入が必要です。
で、そのチケットが高い!!

撮影に行った方のブログなんかを見ると、値段相応に色々と配慮されてあり結構
満足度の高いチケットだったみたいなんですが、55000円と言う金額はお世辞にも安いとは
言えない金額です。

さて、ここからが本題です。
私には妻がいます。この世の大多数の女性と同様にモータースポーツなんぞトンと興味のない
彼女だったのですが、私が一緒に連れて行くようになり写真撮影こそしませんが
この世界にハマッてしまいました。

ハメた張本人としては、「F1のチケットは高いから1人で行って来る」なんて
言えないし、格安の観客席の中に1人で座らせておくのも忍びないし・・・
そんなこんなで結局去年は行かなかったのですが、今年はカメラマンシートが40000円と
少し安くなるみたいで、F1観戦の夢に少し現実味が出てきました。



モータースポーツの撮影に情熱を燃やす皆さん、
 
その時、あなたの大切な人は何処にいますか・・・
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-11 14:30 | 時事私想 | Comments(2)
2011年 01月 09日

岡山城 [終]

廊下門を出て、城の東側の周囲を歩いてみます。
城の北側から東側は旭川が流れており、堀はありません。

e0214496_19143651.jpg
e0214496_19145434.jpg

本丸の東側にある要害門。
武士以外の人が、本段へ上がる通用門だったそうです。
階段の下にもうひとつ、六十一雁木下門があったそうですが今はありません。

この階段を上まで上がってみたのですが、最後の一段がなぜか二段分ぐらいの
高さがありました。
お城って有事の事を考えて、使いにくい工夫ってのが至る所にしてありますよね。
「これもそうかな」と思ったのですが、実際のトコは?です。

e0214496_19372022.jpg
e0214496_19373333.jpg

北側から見た岡山城です。
記念撮影スポットとして最適のトコです。すぐ近くに旭川を渡る橋があるので
それを渡ると日本三名園のひとつ、後楽園があります。

石碑は昭和9年の室戸台風で旭川が氾濫し、甚大な被害が出てしまったので
大掛かりな治水工事を行った記念碑みたいです。
写真をアップにして石碑の文字を読んでみたのですが、昔の書体なので正確に
読む事ができませんでした。 間違っていたらゴメンナサイ・・・

e0214496_19565858.jpg

昼過ぎに行ったのですが、3時間もブラブラしていたら
西日が岡山城を照らし始めました。


さて、今回で岡山城は終わりです。
また他のお城に行く機会があれば、ブログにアップしたいと思います。

って、実は次のロケ(撮影)はもう終っているんですけど・・・
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-09 20:19 | | Comments(0)
2011年 01月 08日

岡山城 [参]

天守閣のある本段から一段下りて、表向(中の段)より天守を見上げる。

e0214496_1658633.jpg
e0214496_16582257.jpg

白黒時代の特撮ゴジラが、丘の向こうから姿を現したみたいな感じです。
威圧的な存在感を発しながらも、どこか現実的でない虚像を見ている気もします。

e0214496_1772516.jpg
e0214496_1773768.jpg

戦火を免れた月見櫓。
復元と間違えるほど、きれいな状態で現存しています。

e0214496_17175184.jpg

宇喜多・小早川・池田と続いた歴代藩主の内、宇喜多家の時代に造られた
石垣だそうです。
表向の中央付近を発掘して、一部ですが見れるようになっています。

本丸北側の廊下門を通り抜けます。
e0214496_17291613.jpg
e0214496_17293453.jpg
e0214496_17295583.jpg

この門も再建なのですが雰囲気あります!

次回、最終回です。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-08 17:41 | | Comments(0)
2011年 01月 06日

岡山城 [弐]

それでは、岡山城の続きです。

e0214496_19221145.jpg
e0214496_19222952.jpg
e0214496_19224235.jpg

現在の岡山城は、残念ながら鉄筋コンクリートの外観復元の建物です。
昭和20年に戦火で消失して、昭和41年に復元され現在に至ります。

古い白黒写真でも、その威風堂々と建っている姿が見てとれるので
戦争で消失したのは非常に残念です。

e0214496_19251790.jpg
e0214496_19255455.jpg
e0214496_1926646.jpg

天守閣から少し離れたところに、実際に使われていた城の礎石がそのまま
移設されています。
この上に5重6階の天守が乗っかっていたんですね~!

e0214496_19405181.jpg
e0214496_19411130.jpg
e0214496_19412660.jpg

天守閣の西側にある階段で、これを下りると、廊下門の方へ出ます。
こう言う感じの雰囲気が、大好きです!!


もうチョッと続きます。
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-06 19:54 | | Comments(2)
2011年 01月 05日

岡山城 [壱]

e0214496_082414.jpg


実は・・・私、お城が好きなんです!
そんなに歴史に詳しくも無いのですが、城や城跡を見て回るのは好きで
東海から西の有名な城は、大体見て回りました。

ですが、写真を撮る対象とは考えていなかったので、記念撮影程度しか写真を
撮っていませんでした。

今回モータースポーツのシーズンオフにも、写真を撮ろうと思ったのですが
さすがに興味も無いものを、バシャ!バシャ!撮る気も起こらないので
もう一度、写真を撮る目的で“城めぐり”をしてみる事にしました。

撮影目的で行くのなら、城が一番映える時期や時間を狙って行くべきなんでしょうが
そんな事を言ってたら、なかなか行けないので「行ける時期が、最良の時期」と思って
1月2日(日)に、行って来ました。

e0214496_111253.jpg
e0214496_1111531.jpg

岡山城は外壁に、黒漆塗りの下見板を用いたその外観から
別名で烏城とも呼ばれています。

岡山城までは車で行ったのですが、堀の横にある市営駐車場が
正月の三日までは無料開放になっていました!新年早々ラッキーです。

e0214496_1201342.jpg
e0214496_1202460.jpg

当時を偲びながら、戦火を耐え抜いた石垣を見て回ります。

e0214496_135031.jpg
e0214496_1351250.jpg
e0214496_1353760.jpg

不明門を通り抜けたら、いよいよ天守です。

e0214496_1532792.jpg
e0214496_1534868.jpg

天守閣前で餅つきのイベントがあり、大勢の人で賑わってました。

次回へ続く・・・
[PR]

by photo2x4 | 2011-01-05 02:31 | | Comments(2)